アブない夢と夢のない現実

以前に書いた「会社で本当にあった怖い話~悪夢のフロアというコンテンツの主人公ムツミ嬢。

彼女を襲った悲劇の原因は、本当に”夢”にあったことがわかったので、その部分を一行だけ付け足した。

やっぱり夢の中でトイレに行くってのは、オネショなんかの原因としては定番らしい。

そんな話を、大森のフォーク居酒屋『風に吹かれて』のマスター(佐藤公彦(ケメ)や丸山圭子が在籍した”ピピ&コット”のリーダーだった金谷さん)にしたら、氏は誇らしげにこう言った。

「オレにはトイレの夢なんて必要ない! この前、家でクシャミしたら、オシッコとウンコが同時に漏れちゃったよ…。」

どんだけユルイんだよ!

衝撃の告白に、わははーと笑いかけたら、続けて「娘もいたのに…」というセリフが飛び出たので反応に困りました。

夢よりも現実の方が厳しいもんだなぁと、あらためて思った次第でございます。

 


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク