ごめんね、中村さん。ホント、ごめん!

子供のイベントで小学校の校舎を歩きながら思い出したことがある。

それは今にして思えば、ひどいことをしたなと思うことで、だからこの際、ここで懺悔をすることにしたい。

私が通っていた小学校の低学年には、とんでもない年代モノの机が使われていた。それは2人用に作られた木製の机で、上面の一部がはずれるようになっている。

naka1ちょうど給食のお盆ぐらいの大きさだろうか、2人用の机だから、板も2箇所がはずれるようになっていた。

児童は、パカッと机の上板をはずして、空いた空間に教科書をしまうのである。

さて、ある日の給食時間のこと。私は給食のおぼんをゆらゆらと片手で揺らし「宙に浮かぶ給食~」となどと言いながら、自席に運んでいた。…大バカだ。

給食を食べようとしたときに事件は起こった。蓋を開けた牛乳が倒れてしまったのである。しかも、隣の席に。

隣は中村さんという女の子だった。倒れた牛乳は、ちょうど机の上ぶたを開きかけていた中村さんの机の中に、ジョバジョバと流れ込んでいった。

中村さんは、外した板を手にしたまま硬直していた。彼女の机の中をのぞいてみると、筆箱が牛乳の海でのんびりと泳いでいる。

おそるおそる中村さんに顔を向けると、目があったとたんに大泣きしてしまって、慌てた私は「泣かないでよ、中村さん」と言うつもりが、「泣かないでよ、泣き村さん」と口にしてしまったのだ。

おまけにそれがまわりのヤツらにウケてしまって、ふざけて「泣くな、泣き村」とか言うヤツもいて、中村さんは、ますます泣いてしまって、ホントに泣き村さんになってしまって、私は女子に非難され、先生に叱られてビクビクしてしまったのだった。

そしてさんざん謝って、ようやく中村さんが泣きやんだとき、つい「ホントにごめんね、泣き村さん」と言ってしまって、今度はわざとだったけど、そしたら中村さんが、また泣き出してしまって、また周りの連中が「ごめんね、泣き村」とか言い出して、ますます中村さんは泣き村さんになってしまって、そんな大事になると思わなかったのに、私はまた女子連中に非難され、また先生に叱られて、私まで泣き村さんになるとこだったけど、かろうじてこらえた。ふぅ、文が長いよ。

中村さんは、卒業まで「泣き村さん」というあだ名で呼ばれていた。

でも、ときどきは「泣き村」と呼ばれると怒っていて、怒るんじゃ「泣き村」にならないけど、やっぱり「泣き村」と呼ばれていて、私は「人間、一度つけられたレッテルをはがすのは容易ではないもんだな」ということを学びました。

ごめんな、泣き村!


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク