トルコライスと部下の説教

会社の自販機コーナーで缶コーヒーを選んでいたら、同じチームの女性部下がやってきたので、少し話をする。

「ねぇ、トルコライスって知ってる?」

「えっ、トルコの料理ですか?」

「違うよ。日本の洋食。トンカツとカレーピラフ、スパゲッティーを1つの皿に盛ったものでね、まぁ、大人版お子様ランチって感じの料理かな。長崎が発祥の地って言われてるよ。長崎人のソウルフードなんだって」

toruko「へぇ~」

「そんでさ、今日、浜松町で打合せがあったんだけどね。ついでにトルコライスをランチメニューに出してる店があるから行ってきたんだよ。トルコライスが食べれるところなんて、なかなかないからね」

「そうでしょうねぇ。で、おいしかったですか?」

「なにが?」

「なにがって、トルコライスですよ」

「わかんないな」

「えっ? 味がわからなかったんですか?」

いや、ビーフカレーを頼んだから

「それ…会話の流れとしてヘンですよ。トルコライスを食べたと思うじゃないですか!」

「そう? 食べてないよ。別に食べたくないし」

「じゃ、なんでトルコライスの話をしたんですか?」

「店のメニューにトルコライスがあったから教えてあげようと思って」

気づかいの方向性が間違ってますよ

「えっ? ちょっと、いきなりスゴイこと言わないでよ」

「そういえば静炉厳さん。先週、関係会社の人たちが打合せに来たとき、ランチに連れて行きましたよね?」

あぁ、餃子のマズイ店ね

「そこです! どうしておいしい店に連れて行ってあげなかったんですか?」

だってこの辺りの中華料理店は、どの店もおいしい餃子ばっかりじゃん。餃子のマズイ店って珍しいんだよ。ちなみに炒飯もマズイから。全然、味がしないの! そういう店ってなかなかないんだよ

ふつーは、わざわざマズイ店には行きません!

「でも、ちゃんと『餃子のマズイ店に行きましょう』って声をかけたんだよ。それに餃子と炒飯はマズイけど、それ以外の料理はおいしんだよ」

「そうなんですか?」

「そうそう! ただね、味がやたらと濃いときと薄いときがあるの。それから油の量がすごいんだよね。焼きそばを頼むと油がドバドバと入ってるから、割り箸を皿の下に入れて傾けてさ。皿の端に油を集めて、上の方から食べるのがコツなんだよね

「そういう店は、ひとりで行ってください」

「一人でもよく行ってるよ。でも、帰り際に『今度はおいしい店に行きましょうよ』って言われたな」

「そうでしょ! だから気づかいが間違ってるって」

「だけど彼らだって、たまにはマズイ餃子が食べたいなって気分のときに…

そういう気分にはなりませんから!

「でも、この前、佐藤くんも食べに行ったよ。まぁ、オレが誘ったんだけどさ」

「佐藤さんはきっとイヤだけどつき合ってくれたんですよ。ご馳走ぐらいしてあげてくださいよ」

「もちろん! そのつもりで声をかけたんだよ。彼、今月はお金がないっていうからさ」

「ちゃんと上司らしいじゃないですか。見直しました」

ところがレジで財布をみたら、オレもお金がギリギリしかなくてさ。100円しか奢れなかったんだよね。ライスをお代わりした分だけ。下手したら、オレが奢ってもらうところだった

「・・・」

「でも、大丈夫だよ! 上司らしく、オレのことは反面教師にしろよってビシっと言っておいたから」

「それって…」

「まぁまぁ、いろんな人がいるのが社会だから、ねっ。じゃあ仕事に戻りましょう!」

私は自販機のボタンを押して缶コーヒーを手にすると、腑に落ちない表情の彼女を残したまま、一足先に執務室へと戻った。今度はトルコライスを食べてみようかなとチラっと思いながら。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク