ゴーゴーカレーと文化女子大のこと

東京都庁に行くために何年ぶりかで新宿に降りた。以前とは変わった街並みを眺めながら「文化学園大学」の前を通り過ぎる。

…と同時に初めて「ゴーゴーカレー」に遭遇した時のことを思い出した。

それはまだ「文化学園大学」が「文化女子大学」という名前だった頃のことだ。私は新宿駅からオペラシティへと歩いていた。

文化女子大の手前あたりに来ると色いノボリをもった外人が立っている姿が目に入った。ノボリには『ゴーゴーカレー 文化女子大店』と書かれている。

『ゴーゴーカレー』? なんかチンケな名前だなぁ。とはいっても妙に惹かれる店名ではある。でも辺りを見回しても、それっぽい店は見えない。そうなると気になってしまう。

いったいどこにあるんだろ? いや、でもノボリには『文化女子大店』と書かれていた…ということはつまり、”ゴーゴーカレー”は文化女子大の中にあるってことじゃないか。ははーん、さては家政科の実習かなんかで生徒達がカレー屋をはじめたんだな。

私はさっそく文化女子大の校舎に向かった。一般向けにノボリを出してるぐらいなんだから、きっとカレー屋は校舎のすぐ入り口にあるに違いない。

そして、”ゴーゴー”と店名につけるぐらいなんだから、たぶん店は70年代のノリで、店員として働く生徒達も皆ヒッピーみたいなスタイルをしたり、ゴーゴーを踊ったりして雰囲気を盛り上げているのだろう。なんだか想像するだけで楽しくなってくる。いいじゃん、いいじゃん!

しかし、まさかこんな形で女子大に入ることになるとは思わなかったよなぁ。なんだか学生時代の女子大学園祭めぐりを思い出してしまう。

私は、まるでビルのような文化女子大の校舎へと足を進めた。ロビーで周囲を見回せば、当然のことながら女子大生ばかりである。さっそくカレー屋に直行だ。

しかし、あちこちをウロウロと歩きまわってもカレー屋らしき看板が見あたらない。

なんとなく場違いな感覚にだんだんと不安になって、オドオドと行動する私の姿は不審者のように見えたのだろうか? 突然、警備員に呼び止められた。

「どちらにご用ですか?」

「あの…、怪しい者じゃなくて、えと、ゴ…ゴーゴーカレーを食べにきたんですけど。あの、この学校にある…」

「はぁ? それは学校とは関係ありません。」

「ぇええー!?」

私は訳もわからぬまま逃げるように女子大を後にした。目の前にはさっきノボリを持っていた外人が、今度は”ゴーゴーカレー”のチラシを配っている。

私はひったくるようにチラシを受け取った。チラシには店の地図が載っている。

しかし、そこに描かれている”文化女子大店”は、文化女子大の中ではなく、学校の脇道にあった…。

gogo1てめー、外人! くぬやろー!! これだったら”文化女子大店”じゃなくて、”文化女子大わきの路地店”か、”文化女子大の隣の店”だろうが!!

紛らわしい詐欺商法を使いやがって! ニコニコと浮かれ気分で女子大に紛れこんでた自分が恥ずかしいだろが!!! 正確に名乗れよな!

私は悔しさをカレーにぶつけるべく、”ゴーゴーカレー”に行ってみた。そこは店員が70年代のコスプレをしているようなこともなく、ごくふつーのカレー屋であった。

店を出ると、何もしてないのにカラスに襲われた。

by 静 炉巌

※ちなみに「ゴーゴーカレー 文化女子大店」は 2006年に閉店しました。オレを騙すからだ!


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク