電車内のローン・レンジャー

180億円の赤字を出して、評判も悪い2013年の映画『ローン・レンジャー 』をDVDで観てみたんだけど、これ面白いじゃん!

ラストの機関車チェイスは素晴らしいクオリティで、BGMとして使われるハンス・ジマーが編曲した9分強のウィリアム・テル序曲も最高なわけさ。

そんなわけで、通勤列車で聴くべくiPhoneにローン・レンジャーのサントラを入れた。

でもやっぱりね、他の曲なんか飛ばしちゃって、聴きたいのはウィリアム・テル序曲なんだよね。

喜んで会社へ向かうわけじゃないんだから、元気な曲で自分を盛り上げないとさ。

朝の通勤電車。混んでる電車の中、iPhoneにイヤホンを差し込んでスイッチをオン。イヤホンから流れるゴキゲンなウィリアム・テル序曲…と思ったら、音、なぜかiPhoneのスピーカーから流れてるわけです。

イヤホンの差し込みが甘かった! 周囲の視線が痛い。

焦ってボリュームを下げようとボタンを押したけど、混んでるから目視確認ができない。ボタンを押し続けてたらドンドン音が大きくなってくる!

ヤバイよ!! ウィリアムテル序曲が大音量で流れてる。電源オフだ。早くしなきゃスイッチスイッチ!

なんとか電源スイッチを押した。でも、画面ロックがかかっただけで音は止まらない。当たり前だ。

焦って操作してると手がすべてiPhoneが床に落ちた。

待ってー、ウィリアムー!!! 行かないでー!

床から鳴り続けるウィリアム・テル序曲。コントかよ。

すみませんすみません!と周囲に謝りながら人をかき分けてiPhoneを拾う。

なんとかイヤホンジャックを差し込んでようやくウィリアム沈黙。しぶといヤツだった。最初からこうすればよかったよ。

周囲の視線を感じるなか、さすがにウィリアム・テル序曲の続きを聴く気にはなれない。

オレは映画のエンドロールに流れる哀愁漂う”Home”という曲を、うつむいたまま心を無にして聴いた。

やっぱり通勤には癒しの曲がいいよなと思いました。

[2014/8/5]


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク