通勤電車には危険がいっぱい!

サラリーマンたるもの、通勤電車でも油断ができないわけです。

電車が揺れた拍子に隣の女性にちょこっとぶつかっただけで、痴漢扱いされるかもしれないもの。おまけに冤罪を被せられたら男は圧倒的に不利な立場。

スマホだって気を抜けない。この前は電車に乗ってるときに電話がかかってきてさ。

慌てて音を止めようとスマホを触ったら、パシャって写真が撮れちゃってさ。周りから「おまえ、盗撮してんじゃねぇよ」みたいな目で見られたし。もう! スマホ、こわいんだけど。

まったく電車には、どんなワナが仕掛けられてるかわからない。

そんなわけで満員電車の中、片手でつり革を掴み、もう片方の手は鞄を持って立っていたわけです。目の前の席では、ポマードをベタベタとつけたおじさんが居眠りをしています。

途中の駅で更に人が乗り混んできて、車内の混雑に拍車がかかります。

電車が発車すると、どこからともなく…いや、はっきりと真後ろから女性の歌声が聞こえてきました。

車内の吊り広告を眺めるフリをして後方を確認してみると、ヘッドホンをつけたおばさんがニヤニヤと笑いながら歌っています。…なんなのこの人?

どうか絡まれませんように…。私はできるだけ目立たない動作で視線を元に戻しました。しかし、今度は目の前で居眠りしているおじさんの様子がおかしいのです。

電車に揺られて心地よくなってしまったのでしょう。おじさんは自分のペースでレム睡眠に入っていったようです…と同時に、体を前後にスイングしはじめました。

おじさんの頭にはテカテカのポマード。私はポマードの付着を避けるために、おじさんが手前に頭をガクッと垂れるたびに上半身を後ろに逸らしました。時にはボクサーのようなスウェイバックで、時には上半身をよじって。ポマード頭は、まるで餅つきみたいな間合いで攻めてきます。

前には”ポマードおじさん”、後には”歌うおばさん”。そんな状況の中、ポマードおじさんの前後スウィングは更に激しさを増してきました…なんなのよ。この状況は!

地道にポマード攻撃を避け続ける私。しかし、しばらくすると今度は後で歌っていたおばさんが、イラっとしたように言ったのです。

ちょっと、あなた! 私の歌で踊らないでくれる!?

…踊ってねーよ!! おまえの歌なんか興味ねーし!  バーカバーカ!

心の中でそう毒づきながら、気弱な私は折りよく停車した駅で車両を乗り換えることにしたのでございます。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク